ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。
Facebook

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

んごえ [ 2015/08/31 ] 

空港にて
夜の到着送迎。空港に着くのが早過ぎた。
暇だし満天の星だしってんで、急に思い立って天の河を狙ってみる。

無論三脚なし。標識のセメント台を背凭れとして、傾けた状態でカメラを地面に固定しただけ。ファインダも背面液晶も確認できないんで構図は当てずっぽう。レンズは標準ズームの解放f4。
レリーズもなし。セルフタイマーでパチリ。

実は今年の休暇でカメラを新調しまして。どっかのタイミングで試してみたかったのよね。
マッタクの準備不足だったけれどもある程度の指標になった。

今度のはラティテュードが期待以上に広くて星景だったりにもより使い易そう。
反面、明暗バランスの自由度が上がったんで、現像時の調整でかなり迷う。まぁ慣れの問題だろうが。

兎に角ノイズの少なさにゃ舌を巻くしかない。ISO感度6400でもこんだけ撮れる。
連れを完全に呆れさせるくらい高かったけれど、買ってヨカッタよなぁと…


15 SEC, f/4, ISO 6400, 24mm (35mm equivalent focal length)
2015年09月01日 01:21|トラックバック:0コメント:0

まひな [ 2015/08/01 ] 

8月1日の月
昨晩は大雨。真ん丸お月さんはマッタク顔を出さず。
んで今晩、未だに雲が多いけれども稀に隙間から覗くんでパチリ、と。

騒がれとったブルームーンってのはひと月のうちの2度目の満月なんだが、本来はどうやら春分、夏至、秋分、冬至のいずれかの間に4度満月が来る時のその3度目ってなモノだったらしい。
んま、ドッチも2〜3年に1度ってなリズムだそうだから、珍しいって意味じゃあ同じようなモンか。

それよか、ラパヌイじゃ来月27日に皆既月蝕が観れるんで、カメラの設定検証とかをチョロっとしたかったワケ。
しかし、周りの雲の感じとお月さんとを一緒に綺麗に収めるのはやっぱ厳しいのかなぁ?


1/125 SEC, f/6.3, ISO 400, 300mm (35mm equivalent focal length)
2015年08月01日 23:58|トラックバック:0コメント:0

こふ・まひな [ 2015/04/04 ] 

4月4日未明
4月4日未明。
7時頃に皆既月蝕が拝めるとの情報。4時頃に起きてソソクサと準備。

西の低い角度だってんでどっかのモアイさんと一緒に撮りたかったんですけどね、島が揉めとる今、外でおかしな事したんじゃ刺激しちまうかも知れんよなーってなワケで、庭から狙う。


10 SEC, f/8.0, ISO 500, 18mm (35mm equivalent focal length)

この記事の続きを読む…
2015年04月04日 18:21|トラックバック:0コメント:0

らぶじょい [ 2015/01/11 ] 

1月11日
土曜日から日曜日へと日付が変わった頃。
折しも停電、真っ暗な上に満天の星。それでも肉眼じゃ見えないけれども、コッチだよなーと未だある筈のラヴジョイ彗星にレンズを向けてパチリ。

2度目ともなると熟れたモノ。撮り始めてから2分でヒット、10分後にゃ望遠端で捕捉に成功。
しかしやっぱり暗い彗星、この夜もガッツリ感度を上げてシャッター速度を落としてやっとこさこんなモン。
んま、7日に撮ったヤツよりゃ尾っぽが判るかなぁと。


30 SEC, f/5.6, ISO 6400, 480mm (35mm equivalent focal length)


ラパヌイは今日の昼過ぎから本格的に、激しくじゃあないけれど暫く止みそうにない雨。
乾季とされとる時期にもシトシト降るようになったんだな、この分じゃ夜も雲ばかりだろう。
今回の彗星遊びは打ち止めっぽいです。
2015年01月14日 17:05|トラックバック:0コメント:0

らぶじょい [ 2015/01/07 ] 

ラヴジョイ彗星
1月7日、若干騒がれとるみたいなラヴジョイ彗星 (C/2014 Q2) が地球に最接近だってんで、夜の帳が下り切った22時くらいから撮影に挑戦。お月さんが昇ってくるまでの勝負だぞ。

有名なハレー彗星や2007年のマックノート彗星、2011年のラヴジョイ彗星 (コッチは ”C/2011 W3” で別モノ) に比べるとかなり地味な印象。方々での煽りかたもやれ12,000年振りだの次は8,000年後だの、デカい数字を並べて凄そうに書き立てるのみ。実際は最大予想光量がおっさんの肉眼ならなんとか観れるだろ、くらいで、個人的にゃ魅力は薄いとは思うんですが。

んな事ぁ承知しとったって星好きの眼前にある程度晴れ渡った星空が拡がりゃカメラ出すでしょ、と。
まぁ、そんくらいの意気込み。

生来の無精も手伝って、暗い場所へ移動もせずに庭から狙う。
案の定目で探してもマッタク何処にあるのか判らない。絶海の孤島の小っこい村っつったって、光害はソレナリにあるんだなぁ。

高度や方角だとか星座との位置関係とか、予め調べといた情報を基に多分コッチだって処を、感度やシャッタースピードを弄りつつ数枚パチパチ。
おっ、引っ掛かってくれたぞやっぱりあった。けれども随分暗いなぁ。30秒感光してISOを普段はまず上げない2500まで上げてこの程度。緑のモワー感はハッキリ写るも、尾はあるのかなぁってくらい…

縦に走る細い線は、偶々横切った人工衛星かと思われ。


30 SEC, f/5.6, ISO 2500, 112mm (35mm equivalent focal length)

この記事の続きを読む…
2015年01月09日 18:47|トラックバック:0コメント:0

ラパヌイ時間

冬時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.