ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。
Facebook

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

ぽんぺい 02 

食堂の厨房っぽい
生活の臭いプンプンな街路から建物の中に入ると、当時の設備がそれなりに原形を留めとったりするんです。
多分ココは食堂だかレストラン、バーだかの類の厨房だと思う。


パン屋
コッチはパン工場らしいです。
小麦を挽く臼だろうね。


焼き窯も
臼が並ぶ部屋の隣に焼き窯も。

なんか飯屋とパン屋が妙に多かった気がしますな。
「ローマ人は食べる為に吐き、吐く為に食べた」 なんて言われるくらいだからね、もう矢鱈喰っとったんだろ。


銭湯らしい
公衆浴場なんてのもありましたよ。
そういや今回、日本で温泉に行かなかったなーってな後悔の念が湧く。


マッサージ台?
浴場内にゃあマッサージチェアも。
こういう調度品も多々残っとるんだね。


彫刻ビッシリ
マッサージ室の天井。
天使だとか神様っぽい彫刻でビッシリだったんでしょうな。ローマ人も風呂が好きだったんだ。


劇場跡
円形劇場内。
お客さんがかなり居ったんでしょうな、じゃなけりゃこんなに客席を設けんよ。


今も使われとるのかな?
段上の客席には席番号を示すイタリア語の新しいプレートが。
今でも使われる事があるのかな?

この隣にちょっと小振りな小劇場もありました。
ポンペイは2,000年前も随分賑わっとったんだね。


闘技場
市街地からちょっと外れた端のほうに闘技場もありました。
ローマ時代のそれなりに大きな街となると、やっぱコロッセオが必須だったのかね?
因みに内側はそれ程整備されとる様子はなく野晒し気味。客席には昇れませんでした。


よく判らんけど素敵
屋根が残っとる (若しくは復元されとる) 建物を覘くと、外光を入れる為なのか薄暗い中に素敵な天窓があったり。
スポンサーサイト



2012年06月15日 16:47|トラックバック:1コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

『まとめtyaiました【ぽんぺい 02】』
生活の臭いプンプンな街路から建物の中に入ると、当時の設備がそれなりに原形を留めとったりするんです。多分ココは食堂だかレストラン、バーだかの類の厨房だと思う。コッチはパン工場らしいです。小麦を挽く臼だろうね。臼が並ぶ部屋の隣に焼き窯も。なんか飯屋とパン屋...
まとめwoネタ速neo|2012/06/19(火) 21:40

トラックバックURLはこちら
https://paihenga.blog.fc2.com/tb.php/841-d5a0771d

ラパヌイ時間

冬時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.