ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

散歩 

海まで25㎞
星景写真に使うつもりの14㎜MFレンズが届いたんで、カメラに装着して実家の近所を散歩。
生憎の曇り空な上、この辺にゃ2年くらいしか居らんかったモンで、土地勘さえあんまりない。

取り敢えず荒川土手へ。
この土手だって初めて来る。

下流から上流へ暫く歩いてみたんだけど惹かれる被写体はなし。
折角の広角だから広々とした画が欲しかったんですが、なんかパッとしないんだよね。もうちょっと早けりゃ公園の桜が奇麗だったらしい…

1枚も撮らんってのは癪だわな、大した画じゃないけど高校通学時に悩まされた満員電車が渡る橋でも。
そうか、あのギュウギュウな生活を送っとった頃からもう15年以上も経っちまったのか。

中心近くに小さく写る2本の煙突は、たった1晩だけ働いた事があるガラス工場。翌朝に南米での就職が決まって辞めたんだよな。


ウーム…
土手は延々とこんな感じ。グラウンドなんかが敷かれて広い対岸だったらもうちょっと好かったかなぁ?
曇りってのもあって、渡って撮ろう、までの気力が出ない。

広角のマニュアルフォーカスはピントを合わせるのが結構大変。
ライブビューで倍率上げてってのがフツーなんだろな、と試みるも、眼鏡を忘れてヤマが掴めない…
ファインダを覗く時に邪魔だからって掛けて来なかったのが徒になっちまった…

遠方にスカイツリーが写り込んだんですが、ココからだとドンだけ高いかなんて全く判らない。


窮屈そう
帰りしなの菖蒲川に掛かる橋にカモだかなんだかの銅像が。
最近できた学校かなんかの目隠しが脇に迫って物凄く窮屈そう。

ちなみに後ろの白い建物は、高校時分に1年くらいバイトしとったパン工場。
当時この橋を何度も渡った筈なんだが、この鳥は覚えとらんのだ…


空き団地
ちょっと脇道に逸れたら、封鎖されて空っぽの団地を発見。
こんな近くに団地があったのか。

建物を撮ってみると、画の端がかなり歪曲しとるのが判るね。
レンズ購入前からネットで評判を見てある程度覚悟しとったから、こんくらいの歪みで済むんなら寧ろ有り難い。


よく入った喫茶店
家から近いんでよく晩飯を喰った喫茶店。
カレーを注文して置いてあった “アキラ” を読むってのが好きだったなぁ。

母ちゃんが言うにゃあもう随分前から営業しとらんらしい。久し振りに入ってみたかったんだけど。
つか、看板くらい降ろしたほうが…


態々広角単焦点を持ち出したのに、なんか全然旨みを発揮しない散歩終了…
スポンサーサイト



2012年04月30日 09:34|トラックバック:0コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
https://paihenga.blog.fc2.com/tb.php/792-585dd90c

ラパヌイ時間

夏時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.