ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

あ~ふ・お・ばえ 

6月4日
6月2日夜。 「明朝日本の漁船から急病人が降りるんだよな」 と知人のおっさんから電話。
コレで何度目かな? 付き添いとして出向する事に。

翌3日、患者さんと病院で合流。診察の通訳に。
この類の仕事の場合、絶対安静だと言われんばかりの退っ引きならん容態であるのが殆どなんだが今回はちょっと違う。持病に気を付けるべしと促しつつも直ぐにでも帰国可、食事制限特になし、入院並びに緊急の加療の必要もないとお医者さん。成る程見て話した限りでも重篤じゃなさそうではあった。

ってなワケでワシの働くホテルへ連れて行く。その日の便が出ちまった後で1泊はしなけりゃならん。
ハイシーズンの喧騒も過ぎ去った時期なんで問題なくチェックイン。

ワシを呼んだおっさんから夕食も付き合ったれとの指令。
村のとあるレストランへ案内して一般的な飯を一緒に喰う。ソレまで数日控えとったそうで美味かったと満足気。

4日昼前、日本までの移動手配完了との報せ。
島を発つ15時頃まで、折角だから観光もしたいと患者さんからまさかのご依頼。流石にワシの独断で可否を下すのは気が引けたモンだから病院と保険会社と遣り取りしとるおっさんとに伺いを立ててみる。

「重病じゃないしまして虜でもないんだから問題なし。希望通り楽しんで貰えば?」
ハァ、そういうモンなんすかねぇ…

まぁ時間も短く限られとったんでデッカいモアイさん達が集中する処のみ、2ヶ所に限定して無理せず訪ねてみる。
穏やかな曇りで雨はなし。こんくらいのほうが身体への負担は軽いかと。

そのまんま空港、サンティアゴへ。
こういう時ゃどう表現すべきなんでしょかね? ご来島ありがとさんとは違うよなぁ…
兎に角無事にご帰宅されたか気懸りではありますね。お大事になさってくださいな。








6月4日


6月4日
スポンサーサイト
2019年06月30日 19:34|雑記トラックバック:0コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
https://paihenga.blog.fc2.com/tb.php/2142-0dd089e0

ラパヌイ時間

冬時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.