ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

き・へ〜・ろ〜・らぱぬい? 

時々刻々と…
昨日、3月28日。
木曜日から続く村外へのアクセス封鎖が若干緩和。朝9時〜夕刻までの間、ラパヌイを伴った車両でありゃバリケードを越えられる事に。

普段から親しくさせて貰っとる現地人が全面的にバックアップしてくれて、お陰さんでなんとか、遥々日本から来られた方々と観光できました。
予定とは違う案内になっちまいましたが、どうにかカタチにはなったかと。ホッ…

んで本日、翌29日。
状況に変化。ラパヌイ以外、チリ人を含むラパヌイ以外のガイドはどういうワケか村外ツアー同行不可らしい。昨日めぼしい箇所を回り切っちまったワシゃ影響を受けなかったけれど、他の日本人ガイドの友人は大変だったそう…

んで、バリケードによっちゃ観光客だけのレンタカーは通れたなんて話も聞くんですが結局、今日の夕刻から再び完全封鎖。
明日からのチリ政府との交渉再開如何じゃ空港占拠に踏み切るなんて噂まで…

暴力的な衝突が起きとらんのは未だ救い。
ワシ等在住島外人はコロコロと変わる状況を注視して今後を占うしかない状態。

対してチリ政府。北部の鉄砲水に南部の火山の対応と手一杯な模様。テレビ放送 (島で観れる局に限る) にゃラパヌイの問題がマッタクフィーチャーされず、ネット新聞や独立ジャーナリストと思しきサイト、個人ブログなんかにチョロッと載る程度。

なんかもっと悪化しそうな気が。
長引かんよう祈っちゃ居るんですが…
スポンサーサイト



2015年03月29日 23:31|トラックバック:0コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
https://paihenga.blog.fc2.com/tb.php/1838-17a7e386

ラパヌイ時間

夏時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.