ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。
Facebook

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

あびおん・で・えりせ 

どうやって来た…??
先週末空港に居った小型機。ATR 42-500ってヤツらしい。
機体の模様からエアタヒチだと思われ。

プロペラ機なんて珍しいな。ちょっと調べてみたとこ、ウィキペディアに ”航続距離 1,555km” とある。
あれれ?そんな近くに飛行場なんてひとつもねぇのに。知る限り最寄りはフレンチポリネシアのマンガレヴァ島なんだけど、2,600kmくらい離れとるんだ。

メーカーのサイト情報によると、最大積載燃料が4,500kg、巡航速度での燃料重量流量が1時間あたり811kgだそう。
航空工学だとかよく判らんのだけど、機関の燃料流量を燃費と勝手に解釈して至極単純に計算すると、大体5,5時間エンジンが駆動するのかな?
んで、これまた滅茶苦茶単純に最高巡航速度556km/hを掛けたら、3,000km強飛べる。離着陸だとか上昇下降とか、そういうのは抜きにして。

仮にワシの阿呆な計算結果に近い性能があるんなら、まぁなんとかマンガレヴァから飛んで来れそうな。
しかしウィキと公式サイトの違いはなんなんだ? 最近駆動系が向上したのかな? 確かに換装可能なニューエンジンが2007年に登場したらしいが、出力が1.15倍になった程度だぞ。

いやーなんか不思議だな。今度空港のおっさんに訊いてみよう、なんか知っとるかも。
因みに、ラパヌイのマタヴェリ国際空港は、世界で最も隔絶した空港なんだって。へー。

…とかどうでも好い事に現を抜かしたりしながら過ごしとるここ数日。
仕事っつったって空港送迎ぐらいなモンで、連日あるんだけどそれ以外は結構暇なんですわ。
ハイシーズンだってのにね。来週からはちょっとバタバタしそうですが。
スポンサーサイト



2015年01月13日 16:08|トラックバック:0コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
https://paihenga.blog.fc2.com/tb.php/1792-fe4981bb

ラパヌイ時間

冬時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.