ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

たうたんが 2014 

プイでウム
やっとこさ前の前の日曜日、2月9日の噺。
この日は仕事なし。空港送迎は入っとったんですが、急に 「やんなくて大丈夫よ」 と言われたモンだから祭の会場へ。

イベント会場はプイの丘。振る舞われるウムにごった返す観衆。
まぁ飯は家で喰ってきたからね、山盛りの肉はチョロッと覗くだけにして隣で行われとる試合へ。







投擲試合
おうおうやっとるな投擲大会。黒曜石の鏃の槍を立てたバナナの幹の的目掛けて放つ競技。
着くのがちょっと遅かった。好い場所はみんな陣取られとるから、今回は人の少ない正面側から望遠で狙ってみるとしよう。


正面側から狙ってみる
祭のスタッフに 「危ねぇぞ!」 と注意されるギリギリの場所で、構図をアレコレ考えながらも兎に角ガシガシと連写。
ウーム、後ろが抜けてくれとったら投擲手がもっとハッキリ写るんだろうけどなぁ…


好い感じに撮れた
コレはまぁいい感じかな?リリース直後。
バックに投擲手が並んどって、それなりに雰囲気が出ましたな。


惜しいっ!
こりゃあ惜しいっ!的に掠ったけれど突き刺さらず。
何本かはストライクだったんですが、残念ながらその瞬間を納められず。槍を追尾する難しさも然る事ながら、コントラストが強いバックだとオートフォーカスがかなり迷っちまうね、当たり前の事なんだろうけど再認識。


後ろからはあんまり…
んで逆に回り込んでみる。
投擲手へは確かに近くなるけれど、空いとる場所が限られとってどうやっても的と一緒に撮れないな。


長槍
正面側のほうが迫力ありましたね。
予選が終わるとこで撮影数既に1,000枚超え。おやまぁバカスカ撮り過ぎた。

実はこの後更に盛り上がる競技が控えとるんですよ。
そろそろ丘に登らなきゃ。
スポンサーサイト



2014年02月17日 19:11|トラックバック:0コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
https://paihenga.blog.fc2.com/tb.php/1479-37956801

ラパヌイ時間

夏時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.