ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

たおて・すみそにあ~のす 

7月2日
7月2日の15時30分頃、合衆国のプライベートジェット到着。
搭乗員は9名。何れも科学者らしい。スミソニアン博物館の関係諸氏との事。

同日の皆既日蝕を上空で観測してきたんだそう。機内は研究機材で埋め尽くされ椅子すらも碌に設置されとらんのだとか。
ちょっと覗かせて貰いたかったなぁ。

うち4名様は翌3日に終日観光。ワシゃドライバとして同行。
他5名様は別動で島を巡ったっぽい。

ホテル出掛けに若干降られたのを記憶しとるが、以後は文句なしの空模様。
雲の多さは時期的に仕方ないモノのお天道さん優位。気温は低めだけれどキチンと晴れてはくれた。

日蝕特需とやらで島ももっと沸くと思いきや、村外の各ポイントは意外と閑散。
ヨクヨク考えたら当たり前だわな。皆既が拝めたチリ北部からラパヌイへ1日掛けずに来る手立てってのはないんだもの。

プライベートジェットは4日早朝、8時頃に島を発つ。
ソレに合わせて空港送迎は7時前、未だ空が微塵も白まないうちに。

お疲れさん、お互い仕事ですモンね。
ご来島ありがとさんでした。

この記事の続きを読む…
スポンサーサイト



2019年07月23日 15:21|トラックバック:0コメント:0

ラパヌイ時間

夏時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.