ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

かぷあ・お・らのかう 

7月7日
7月6日。同日到着されたというご家族から連絡あり。
翌7日の午前に半日観光を、とのご依頼。空いとりますよ、ご一緒します。

朝イチで泊まられとる宿にて合流、村外へ出発。
先ずは車で行ける北限のアナケナビーチ。消防車も来たけれど直ぐに帰っていく。何しに来たんだろか?

兎に角其処から時計回りで島一周。南端のオロンゴまで~ で時間一杯。
以降レンタカーで巡るそう。土地鑑は取り敢えずでも養って頂けたか知らん?

この日は朝のうちこそ雲多め。ラノカウ山頂じゃやや降られまでしたモノの、昼過ぎからはスッキリした空だったと記憶しとる。
ただ季節柄、やっぱり肌寒かったなぁ。海遊びにゃキツいラパヌイの冬。

ご家族は7日のフライトで島を発つとの事。予定通りでしたかね?
ご来島ありがとさんでした。今度は泳ぎにいらしちゃ如何?

この記事の続きを読む…
スポンサーサイト



2019年07月30日 12:52|トラックバック:0コメント:0

たおて・すみそにあ~のす 

7月2日
7月2日の15時30分頃、合衆国のプライベートジェット到着。
搭乗員は9名。何れも科学者らしい。スミソニアン博物館の関係諸氏との事。

同日の皆既日蝕を上空で観測してきたんだそう。機内は研究機材で埋め尽くされ椅子すらも碌に設置されとらんのだとか。
ちょっと覗かせて貰いたかったなぁ。

うち4名様は翌3日に終日観光。ワシゃドライバとして同行。
他5名様は別動で島を巡ったっぽい。

ホテル出掛けに若干降られたのを記憶しとるが、以後は文句なしの空模様。
雲の多さは時期的に仕方ないモノのお天道さん優位。気温は低めだけれどキチンと晴れてはくれた。

日蝕特需とやらで島ももっと沸くと思いきや、村外の各ポイントは意外と閑散。
ヨクヨク考えたら当たり前だわな。皆既が拝めたチリ北部からラパヌイへ1日掛けずに来る手立てってのはないんだもの。

プライベートジェットは4日早朝、8時頃に島を発つ。
ソレに合わせて空港送迎は7時前、未だ空が微塵も白まないうちに。

お疲れさん、お互い仕事ですモンね。
ご来島ありがとさんでした。

この記事の続きを読む…
2019年07月23日 15:21|トラックバック:0コメント:0

こふ・らあ [ 2019/07/02 ] 

7月2日
7月2日。皆既日蝕の日。
陸上では南米のチリ北部からアルゼンチン中部に掛けて観測できるとの事。

ラパヌイじゃ皆既とはいかんけれども8割くらい隠される筈。

雨季真っ只中。当日は朝から曇天だけれども、望遠レンズと減光フィルタを取り敢えず準備。
正午ちょっと前、11時50分くらいに雲の切れ間に現れたお天道さんにゃあお月さんの影が。

仕事もそんなに忙しくない時間帯。
流石にズッと見上げとるのは難しいが、もうちょっとオモシロい画が撮れるかも。

この記事の続きを読む…
2019年07月22日 12:17|トラックバック:0コメント:0

ままえ・て・こ~ぷ~ 

6月28日
6月27日。日本人のご夫婦到着。
世界周遊中だとか。曰く、慣れない長期旅行でお2人共体調を少し崩されたそう。喰い物が変わるし、緊張だってしますモンなぁ…

ともあれ承っとった翌日午前の観光は予定通り。島をグルリと回る様にアナケナビーチとラノカウ山頂へ。
そんなに広くないからポイントを絞りゃ半日で一周できちまうんですわ。

ご一緒のうちにラパヌイの概説を早口で。その後はレンタカーでご自身のペースにて巡られた模様。
元々そういった手筈だったんだが、身体を気遣いながらとなるとそのほうが気も楽だったでしょうかね。

お2人が居られた間は降ったり止んだり。雨の多い時季なんですよ。
尤も日中は青空率が高かったと記憶しとる。寒くはあったけどユックリできたか知らん?

ご夫婦は30日の便にて更なる旅へ。
ご来島ありがとさんでした。早いご回復を祈っとります。

この記事の続きを読む…
2019年07月20日 09:47|トラックバック:0コメント:0

たけお・お・まろ 

6月22日
6月21日。お1人様到着。
同日ホテルチェックイン後はフリー。翌日、翌々日の観光に備えて貰う。

22日の朝は快晴。昼過ぎくらいから雲が多くなってきたモノの日中濡れる事なし。
23日は所々お天道さんが照ってくれるが概ね曇天。前夜の雨で水溜り散見。最後は虹を伴ったスコールに遭遇ってな具合。

しかし冷えるようになってきた。昼でも半袖じゃちとキツイ。
陽が沈んだ後はせめてトレーナーくらい欲しいトコ。毎日なんかしらのカタチで降ってくるし。

ラパヌイは冬。
オマケに雨季ですからねぇ。

お1人様は24日に帰途に就く。お疲れさん。
お元気だけれども薄着だったよなぁ。その後体調を崩されたりはしなかったか知らん…?

ご来島ありがとさんでした。
機会があったら味噌カツ喰いに行きますよ。

この記事の続きを読む…
2019年07月10日 14:10|トラックバック:0コメント:0

ラパヌイ時間

夏時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.