ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

ぴすこ・かぽね 

美味かった
8月18日。ラパヌイ日本人会の夜。
2〜3ヶ月前の帰国時に、とある方から頂いた焼酎開栓。間違いなく上モノだと踏んどったんで、味の解る人達と呑みたかったんだよな。

口を付けた途端、 「あっ、美味いっ!!」 と。
なんつーのかな? 甘い口当たり、喉越し円やか、ここ数年強い酒が苦手になってきたワシでもスコンと流し込んじまえる爽快さ。こりゃあ危険ですぜ…

二日酔いはなかったんですが、翌朝は焼酎独特の幸せなモワ〜ン感が残る。
大した仕事がなくてヨカッタ。くださった方、ホントにありがとさんでした。また呑みたいねぇ。

ところで焼酎、スペイン語じゃ ”エスピリトゥ・デスティラード” っつうらしい。
エスピリトゥ は、英語で言うスピリッツ、強めの酒の意。んで、デスティラード ってのは蒸留したって事。確かにそうなんだけれど、チリの輩に説明する時ゃ ”和製ピスコ” と言っちまったほうが通りが好い。


余談だけれども、最早3ヶ月近く前に日本から発送した小包が未だ届かない。

2ヶ月くらい前に、 ”異物混入” って事でサンティアゴで引っ掛かっとるのが判って本土へ電話連絡。 「島の支店経由で」 ってんで、ラパヌイの郵便局が言う儘に内容物リスト作成とかコッチまで送って貰う手続きをしとったとこ、 「大丈夫、もう送る手筈は済んだよ」 なんて連絡を受けたにも拘らず、いつの間にか日本に返送。実家から 「どうしよう…」 との連絡が…

母ちゃんが言うにゃ、当初の返送理由が ”受取人が取りに来なかったから” と 。
そりゃオカシいよ。抑島まで送ってくれんのだもの。取りに行けるワケねぇだろ。それにサンティアゴで受け取る代理人ってのも準備しとったんだぜ。局側が 「ソレは面倒だから」 と言ってきたから書類で済ませたんだ。

納得いかんから日本サイトに問い合わせて貰ったら、今度は ”荷物破損” 。成る程段ボールに5cm程度の孔が開いとるらしい。
破損なら業者の落ち度だろうし、ドッチにしろワシがチリの郵便局に問い合わせて聞いた理由とは違う。ナニかがオカシい。

んで現在、日本の郵便局からチリのそれに問題調査の依頼をさせとるとこ。
いつ応えがくるかは判らんが、キチンと補償して貰わんと収まりが付かんわな。予め引っ掛かりそうなモノは調べて入れんように対策しとったんだから。

その荷物の中に、今回の焼酎と併せてーなんて思っとった乾物摘みなんかが入っとったんだわ。
あればもっと美味かったかも知れんのにね。スンマセンデシタ…
2015年08月24日 22:06|トラックバック:0コメント:0

もあい・びえ・はい・らあ・りばりば 

午後の部スタート
凡そ1時間の休憩を経て、お1人様と再合流。
腹も膨れたとこで後半戦スタート。

始めは朝のうちに見学したオロンゴと関係するアナカイタンガタへ。
前週同様、洞窟入り口から中をチラリと覗く感じ。いつまた落盤するか判らんモンね…

この記事の続きを読む…
2015年08月21日 23:58|トラックバック:0コメント:0

まいたき・て・またふいら 

8月17日
8月17日、月曜日。
日曜日にご一緒頂いた方と、残りの観光を午前と午後に分けて2本。

クルーズ船は既に出航。ポイントが混む事はそれ程ないだろう。
雨の心配もなさそう。先ずはタハイ複合遺跡へ。

この記事の続きを読む…
2015年08月20日 22:56|トラックバック:0コメント:0

うた・いて・まはな・ぱひ 

8月16日
8月16日、日曜日。
前日に到着された方と終日観光。

3月から続く観光規制は依然として解かれない。ガイジンガイドのワシゃ引っ掛かっちまうんで、やっぱりラパヌイのサイレントガイドを伴って行動。

この記事の続きを読む…
2015年08月20日 17:21|トラックバック:0コメント:0

て・くはね・お・て・とぅぷな 

レオさんの初長編
去る水曜日、8月12日。
前々日くらいに 「お前も必ず来い」 と渡されたチケットを頼りに映画の上映会へ。その映画のディレクタであるレオさんから直々に招待されちまったんだから行かないワケにゃいかん。

兎に角観に行く事に。
テ・クハネ・オ・テ・トゥプナ” ってのが映画のタイトル。
旨く訳せんけれど、 ”先祖の魂” とでも言ったらいいのかな?

19世紀末にラパヌイからイギリスへ持ち出されたモアイさん、ホアハカナナイアを巡る内容。
今現在は大英博物館に収蔵、展示されとるらしいんだが、ソレを観に行ってなんとか連れ戻す手立てはないモンかなぁってな心情を語るドキュメント。

このモアイさんの噺はまぁ、昔から事ある毎に耳にしとった類でして。結構根深い噺なんですわ。
更にディレクタのレオさんはラパヌイ先住民の血を引く人、当然全編ラパヌイ寄りになっとるワケ。

気持ちは重々に感じるし言いたい事は判る。けれども、果たして映画を以って何をしたいのか、その先に同情を得る以上の何があるのか、そこら辺がちょっと不明瞭な気がしたんだよなぁ…

専門家じゃないし作品の批評はこんくらいに留めといて、何故ワシが招かれたのか? って疑問もある。
1年くらい前、レオさんにコンパクトフラッシュを貸したんだわな。どうやらこの撮影に用いたようで、それを恩義に感じて呼んでくれたみたい。

確かに上映後の挨拶じゃ、 「この場に居るのはみんな、映画に協力してくれた方々です」 なんて言っとった。
成る程出演した人や、ヨーロッパへの旅をコーディネートしたんだろうってなお偉いさんばかりだ。

んで、その中じゃワシと一緒に呼ばれた連れは浮く。だってメモリを貸しただけだもの…
「そんな事ないぜ。お前の協力がなかったらー」 とレオさんは肩を叩いてくれたけれど、その後のカクテルパーティじゃ肩身がせまいのなんのって…

レオさんにとっちゃ初の長編作だとか。心からお祝いします。おめでとさん。
もうひとつ、こりゃ好い機会だからってんで、同じキャノン使いのレオさんに調子が悪かったレンズを診て貰ったとこ、魔法のように一瞬で問題解決。10万円以上するシロモノだったのよね、ホントにありがとさん。


映画に 「ホアハカナナイアが持ち出された後、ラパヌイの心は乱れてる」 ってな件があるんだが、若しかしたらその影響で今の混乱があるのかも知れん、と思わなくもない。
今年の3月から観光規制を敷いとるラパヌイ議会ってのが今日、違法に国立公園入場料を徴収し始めた。即座に議会のトップは警察機構に拘束されたけれども間もなく解放された模様。どう決着が付いたのか全く不明…

現地で観光業に携わるワシ等はビクビクです。
明日明後日とツアーがあるんだよなぁ、どうなっちまうのか…?
2015年08月15日 21:10|トラックバック:0コメント:0

たいな・お・て・らあ 

タヒラ
昼飯の後に再合流。後半の部スタート。
先ずはヴィナプから。精巧な祭壇、タヒラを観る。

ご一緒の方、10年くらい前にマチュピチュやクスコを観光したそう。
「見覚えがあると思いました」 コレが彼有名なコンティキ号のきっかけのひとつだったらしいんすよ。

この記事の続きを読む…
2015年08月13日 17:28|トラックバック:0コメント:0

まな・お・まぬたら 

8月10日
8月10日、月曜日。
午前と午後に分けて観光2つ。

前日と比べて雲の多い朝。
降ってくる前にと急いで登ったラノカウ山頂でまんまとヤられる。
まぁそんなに強くないし虹も出たし悪くはない雨、としときましょうか…

この記事の続きを読む…
2015年08月13日 14:50|トラックバック:0コメント:0

ラパヌイ時間

夏時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.