ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

なりなり 2014 05 

マルケサス…?
そうこうするうちに陽がドンドン傾いてくる。
実はウロウロしとったのは先頭も先頭の辺り、恐らく3分の1も観ていない。
今年はパレードのスタートがもたついた上、時間配分を忘れてマルケサス軍団に暫く齧り付いちまったモンだから…

噂によると後半のほうが賑わっとってオモシロかったらしいんですが、気付いた頃にゃあ既に日没。
結局好い場面をかなり撮り損なったみたいすね、どうやら。

まぁそれでもガツガツ1,500枚くらい撮ったんですよ。
もうちょっと写真をアップしときます。

この記事の続きを読む…
スポンサーサイト



2014年02月25日 18:13|トラックバック:0コメント:0

なりなり 2014 04 

ラパヌイ反撃
シツッコク付き纏ったマルケサス軍団の後方から今度はローカル集団。
そうだそうだ、こりゃラパヌイの祭だったんだ。コッチを撮りに来たんだよね。

マルケサスの闘いを思わせる舞踊とは対照的にラパヌイは和やか。
楽しんで笑みが絶えんのはいつも通り。けれどもなんか、ちょっとイロが変わってきたかなーみたいな。

法螺貝でダンスを煽動するアニキは豪快だけどさ、サングラスは邪魔なんじゃねぇか?
せめて踊る時くらいは外して貰いたかった。

この記事の続きを読む…
2014年02月25日 17:21|トラックバック:0コメント:0

なりなり 2014 03 

マタキテダンス
昨年、タパティ祭に突如現れたマルケサス集団が今年も参戦。
コイツ等気合い入りまくりな面構えからしてカッコ好いんですよ。ラパヌイに住んどるワシにとっちゃ新鮮ってのもあるんだけど、それ以上に気魄を感じるワケ。

準備万端なのに漫ろ歩くばかりのパレードに我慢ならなかったのか、おねえちゃんを皮切りに突如としてダンス開始。
都合好く間近に陣取れたモンだからバカスカ撮りまくり。初っ端にガツンッとこんなのを目の当たりにしたらそりゃあ張り付きますわな。

連写に次ぐ連写、何れがより好い写真だとか最早ワシにも取捨不能。
ザッと見繕ったモンを、それでも20枚を超えちまっとるんですが兎に角アップ。

この記事の続きを読む…
2014年02月25日 16:35|トラックバック:0コメント:0

なりなり 2014 02 

トラクタ山車
集まってきた連中がノロノロと前進開始。
唄ったり踊ったりせんうちは、山車を引くトラクタがその巨躯で異彩を放つ。今日に限っちゃ悠長に耕してなんか居れるものか。

山車の上にゃあ木彫りの像だったりガキンチョだったりが待ち惚け。
未だ始まんないのかなぁ?此方人等もう好い具合に酔っ払ってきちまったぞ。
折しもお天道さんまで上機嫌、鈍足なパレードの傍で、ビールは更にグビグビ進む。

この記事の続きを読む…
2014年02月25日 13:32|トラックバック:0コメント:0

なりなり 2014 01 

2月13日タパティパレード
2月13日、タパティ・ラパヌイ祭で最も盛り上がるパレードの日。
集合場所のメインストリートと空港通りの交差点に、民族衣装とボディペインティングの連中が続々集結。

有り難い事に天候上々。汗ばむくらいの青空でした。
年に一度の乱痴気騒ぎ、ワシ等も拝みに行かなくちゃ。

この記事の続きを読む…
2014年02月25日 09:59|トラックバック:0コメント:0

ラパヌイ時間

夏時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.