ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

たいこ 

苗木育成所
先週の火曜日、森林局にてイベントがありました。
当日一緒に居った学生グループが列席するってんで連れてったワシもよく解らんうちに参加。どうやら新しい島の緑化プロジェクトを推進する為のイベントだったようです。

一通り関係者の挨拶があって、その後局が管理する苗木の育成所へ。


マコイ
民芸品を彫る為に殆ど切られちまったマコイや、


トロミロ
一旦全滅したんだけどイギリスやスウェーデンで繁殖に成功しとるトロミロなんかを保護しつつ育てとるそう。
特にトロミロは今年、野生絶滅後ラパヌイで初めて種が採れるようにまでなったんだって。


現状は各戸が気に入った園芸種を無制限にチリ本土から持ち込んで庭に植えとる、まぁ別に悪い事じゃあないと思うんですが、在来種以外が随分と増えてきちまった今、それによって土壌自体がかなり変化してラパヌイなりポリネシアなりの品種を植えようと試みても根付かない場合が増えてきたんだとか。

だったら森林局でそういった影響を及ぼし難い木、つまり元々あった種若しくはそれに近い種の苗木を育ててタダで配っちまえば、土壌の変異に多少なりブレーキが掛かって、最終的にゃ以前ようにポリネシアの島っぽい植生が戻るんじゃない?ってな目論見のようです。

タダで配る、と言っても先ず登録が必要で、何処の土地に何本植えるのか等の報告は義務、んでもってキチンと育っとるか、或いは主人が世話を怠っとらんか逐一調べに回るとか云々。
そりゃそうだ。折角くれてやるのに 「全部枯れちゃったゴメーン許してねんテヘッ」 なんてのは避けたいとこだよな。

「お前んとこにも植えろよ」 なんて局のおっさんに促されるんだけど、数ヶ月に1度程度しかシッカリした休日がない我が家は庭の手入れさえ儘ならん状態なんですよ。オマケに犬やら花を毟るおばちゃんやらマンゴーを拝借しに来るガキンチョやらにも梃摺っとる次第、育てる自信があんまり…

どうあれこの緑化作戦にゃワシも賛成ではありますよ。未だ知らないトロミロの花にもお目に掛かりたいしね。
前代の森林局長の言葉 「植物学畑のオレに言わせりゃ今の混沌たる島の植生が気持ち悪くて悲しくなる」
いつの日か元の森を取り戻す事ができると好いねぇ。


ラパヌイ森林局苗木育成所のブログ:
 Taiko - Blog del Boletín Técnico e informativo del Vivero Mataveri Otai
スポンサーサイト



2013年03月26日 15:01|トラックバック:0コメント:0

ラパヌイ時間

冬時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.