ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。
Facebook

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

ありんが・お・て・あぴな 

手前もモアイだ
昨日の快晴から一転、雲の多い1日。
雨がなかったのは救い。オマケにツアー中、肝腎なポイントだけは日が差してくれましたわ。

ところでツアー前、観光グループと合流するホテルへ向かう途中、 “アピナ” と呼ばれるアフの前にて。
祭壇らしき台座の上に、半分だけ残ったモアイさんの顔が立つのは直ぐに解るんだが、その近くにゴロンと転がった岩もモアイさんだ、と確認する。
よく見たら凝灰岩だし、彫り込まれた鼻があるし。

うむ、気付いたのは初めてかな?
以前にも同じ場所で同じような感覚を持った記憶が、ボンヤリだがある。

あれ?誰かに 「コレもそうじゃない?」 ってな具合に指摘されたんだっけ?
それとも、独りで歩いとる時だったっけ?
このところ記憶力が落ちてきとる気がする。昔はちょっと自信があるほうだったのに。

ツアー時は、暫く振りで滑舌が悪かった、幾つか思い出せなかった日本語があった (コレはちょっと恥ずかしいけど…) と反省した2点を除けば、今日はかなりスムーズに解説できたと思う。

ブランクがあるとは言えガイドの経験もそれなりに長いからか、島の案内に関しちゃ殆どの場合、考えたり思い出したりする前に、必要に応じて堰を切ったように湧いて出てくる感じ。
好いか悪いかは別として、そんな感じ。

自然に湧いて出てくるってんなら、記憶力じゃなくて訓練の成果か。
やっぱり物覚えが悪くなったのかなぁ…
スポンサーサイト



2011年07月13日 22:39|雑記トラックバック:0コメント:2

ラパヌイ時間

冬時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.