ラパヌイ棲息十余年 甲斐性なしの独り言

ボヤいた日

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

PAIHEŋA

噺手:PAIHEŋA
宙ぶらりんな四十絡みの迷いゐぬ。

暇人カウンタ

近頃の呟き

検索窓

いろいろ

月別記録

ろひろひ・へらひ 

夜明け前から出動
水曜日の昼過ぎに翌日の客船アテンド指令。とあるプロバイダのヘルプに駆り出されましたよ。
「正午まで手伝って頂戴」 と。

指令が下った日のうちに大型のバン2台のチェックと洗車、木曜日はそのバンで未明から港待機。30台くらい集まった。
波が思いの他高いってんで、9時半頃上陸地の変更を決定。全員でそれ行くぞ、とテンダーボートが着岸可能な別のポイント、アナケナビーチへ移動。

着いてみたら、今度は干潮でテンダーでも底を擦っちまうんじゃねーかとか、船着き場の整備だとか運営サイトがあたふたし始めて、ドライバ陣は 「今回は降りないんじゃないの?」 なんて寛ぎだす。
稀にあるんですよ、見えてんのに降りられませんって事も。


4時間押しで上陸
正午過ぎ、4時間近くの遅延でやっとこさ下船開始。
現地スタッフ内で 「何してんだ早く出せ!」 等々の罵倒まで応酬しつつ、混乱の中サービススタート。ホントはもう終わっとる時間なんだけど… なんて内心思いつつも、降りて来たんならワシ等は楽しませにゃならんのだ。

16時を回ったところで予定のツアー終了。お疲れさんでした。
さぁ帰れるぞ、と気を抜いた途端、 「別のグループともう1周」
あぁそう第2陣すか、と充分ドタバタした後で麻痺しとったんだろーかね、全員黙々と再出発。アドレナリンが過剰分泌しとったのか、既に疲労は何処へやら。

全て終わったのは結局20時過ぎ。
小っこい島だから運転時間や走行距離は2、3周したって大した事ないんだけど、13時間の拘束ってのはかなりなモンで、帰宅後にビールを1本空けただけで、睡魔がドッと襲ってくる。

身体のダルさが続いた昨日は、あぁ歳を取っちまったんだなぁとシミジミ嘆く余裕もなく、使った大型バンを只管洗車。
今シーズン一番の波だったぞ。年末年始より働いたなぁ。


…なんて、ブログの更新が数日滞っちまった言い訳をしてみる。
スポンサーサイト



2011年01月22日 11:39|雑記トラックバック:0コメント:0

ラパヌイ時間

夏時間中

島のご機嫌

Click for イースター島, チリ Forecast

銭勘定

はんぐ

ホテル オタイ 日本語サービス
日本語でご予約 承ります

んがる・ほあ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

写真館

既掲載モノ

PAIHEŋA宛てメール

島に関しての疑問、質問なんかもお気軽にどーぞ。


名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QRコード

FC2ランキング






       人気ブログランキングへ
       にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
       
Copyright(C) since 2009 あら・お・て・ぱいへんが All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.